糖尿病とED

糖尿病とED
糖尿病という病気は、血液の中の糖分濃度が高くなってしまうのが続く病気です。
はじめは自覚症状もないことから軽く考えられがちですが、時間をかけてゆっくりとからだを蝕んでいきます。

重症化すると・・・失明や腎機能障害、手や足の先の壊疽(えそ)など重い合併症を引き起こすことも。

こういったこと以外にも男性は、EDとの関連性も高いと言われています。

糖尿病からEDへ

糖尿病からEDへ
研究からは、男性糖尿病患者さんの2~3人に1人はEDの症状を自覚しているとも。
自覚できていない人のことも考えれば、その割合はさらに高くなると考えられます。
とある結果では、糖尿病の80%の人がEDを合併しているとも言われています。

勃起に必要なからだの機能

questionカードを持つカップル
勃起を正常に昨日させるためには、4つの器官の働きが必要不可欠です。

・脳
・神経
・血管(※血流も)
・陰茎海綿体

これに加えて、天然の血管拡張物質である「サイクリックGMP(cGMP)」の分泌なども血管を拡張する上で重要となります。
ペニスの構造と勃起の仕組み

なぜ糖尿病はEDとなりやすいのか

糖尿病の患者さんがEDに陥りやすい理由は、次に挙げることが考えられます。

神経障害

勃起をするためには、脳で感じ取った興奮や刺激を正確にペニスに伝える必要があります。
しかし糖尿病の人は、伝達するための神経に障害が起きるようになります。

海綿体の機能不全

平滑筋の弛緩も勃起には必要不可欠となっています。
しかし糖尿病になると、海綿体の動脈など内皮細胞内で「内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)」が活性化しにくくなります。

つまり、平滑筋を弛緩することが難しくなってしまいます。

動脈硬化

糖尿病によって起こる動脈硬化は、全身に見られるのが典型的な症状です。
次の2つの血管に動脈硬化が起こると、勃起の機能は大幅に低下してしまいます。

・内腸骨動脈
・陰茎動脈

2つの血管は、どちらもペニスの周囲を走る勃起には欠かせない重要な血管となります。
またからだの中でも特に細いと言われるのが海綿体の毛細血管であり、動脈硬化がここに起こるともっとも血流を低下させてしまいます。

糖尿病をはじめ、他にも喫煙・飲酒、ストレス、加齢からくる動脈硬化は、EDのサインと考えることもできます。

糖尿病からED発症の原因は他にもある

落ち込む男性をはぐする女性
ここまで糖尿病から起こるEDについての解説をしてきましたが、これは器質性EDに含まれます。

他にも糖尿病の症状にある抑うつ状態から起こるEDを心因性ED、糖尿病の治療薬や降下剤などの使用によって起こるEDを薬剤性EDと呼びます。

糖尿病はこういったことからからだこころ治療薬からEDを誘発してしまうことがあり、他の病気に比べてもED発症の因子は多いと考えられています。
TOPに戻る