副作用によるED

男性の手の上の錠剤
病気の治療などで、普段から飲んでいる薬の副作用が原因となって起こるのが薬剤性EDになります。

年齢に関係はなく、男性であれば誰でも起こる可能性があります。
20代でも精神安定剤や睡眠薬、あるいは抗うつ剤や向精神薬といった薬の服用によってEDの症状を訴える人がいます。

また降圧剤や高脂血症の治療薬、胃潰瘍治療薬など、長期的に服用しているものがあれば、薬剤性EDを疑った方が良いかも知れません。

薬剤性EDの注意点

虫眼鏡で見つめる男性
注意が必要なのは、薬剤性EDのことを知らずに今出ているEDの症状を加齢や、うつ病の人が「心の病のせいだ」だと思い込んでしまうと、症状はさらに悪化する可能性があるので要注意です。

降圧剤の服用によるED

主に高血圧症の治療に用いられる降圧剤ですが、その種類によっては副作用としてEDを招いてしまうことがあります。
もともと高血圧の人は動脈硬化を起こしやすいのでEDになるリスクは高いですが、降圧剤の使用による薬剤性EDである可能性も考えなければなりません。

どんな種類の薬がEDを招くのか

いろいろな錠剤
降圧剤の中で副作用としてEDを起こすものは、次のような種類があります。
・ヒドロクロロチアジド(降圧利尿剤)
・ニフェジピン(カルシウム拮抗薬)
・メチルドパやクロニジン(中枢神経作用交感神経抑制薬)
・アテノロールやプロプラノロール(βブロッカー)
こういった薬を飲んでいる場合には、EDの症状が現れる可能性があります。
またβブロッカーや利尿薬は、他の薬に比べてもEDの有病率が高くなるという研究結果もあります。

降圧剤がなぜEDを起こすのか

ハートを囲む色々な錠剤
降圧剤がEDを引き起こしてしまうメカニズムについては、まだ明確にはなっていないとされています。
考えられるものとして、動脈硬化がある場合に血圧の低下がペニスへの血流量を低下させているのが要因として挙げられます。
しかしEDを恐れて降圧剤の服用をしなければ、血圧が高いままとなり動脈硬化を進行させる可能性があります。
もし降圧剤を使用していてもシアリスなどのED治療薬と併用は問題ないとされているので、並行して治療することもできます。

抗うつ剤などの服用によるED

錠剤を服用する男性
抗うつ剤をはじめ、睡眠薬や向精神薬などの服用は、薬剤性EDを招く可能性があります。
多くの男性うつ病患者さんは、その症状のためいSEXへの意欲は低下し頻度は低下することで、薬の影響でEDになっていることに気付きにくいケースがあります。
なので、病院などで相談してはじめて病気そのものではなく、抗うつ剤の影響でEDとなっていることが分かることも。

なぜ抗うつ剤によるEDに気付かないのか

抗うつ剤や向精神薬などの添付書には、副作用症状としてEDが記載されていないことがあります。
なので、薬を処方してもらった際に医師から副作用にEDがあることを伝えられていないことがあります。

うつ病の影響と思ってしまうことで、薬剤性EDの可能性を考えることがなくなってしまいます。

性的な機能障害を招く抗うつ剤の種類

パロキセチン
抗うつ剤といってもその種類は、4つあります。
「三環系」・「四環系」・「SSRI」・「SNRI」・「NaSSA」があります。
中でもEDを起こしたという報告が多いものが、次のようになります。
・イミプラミン(三環系)
・パロキセチン(SSRI)
・ミルナシプラン(SNRI)

抗うつ剤がEDを招く理由

セロトニン
理由としては、「セロトニン濃度の増加」を挙げることができます。
うつ病患者さんは脳内のセロトニン濃度が低下していることが多いです。

濃度を上昇させるために抗うつ剤を使用しますが、セロトニンは抑制物質とも呼ばれ、興奮時に分泌されるドパミンやノルアドレナリンなどの神経物質を抑制してしまうことがあります。

つまりセロトニン濃度が上昇することで、勃起に必要な興奮などを抑制されてしまうようになり、ED発症につながっていきます。

また末梢神経でセロトニンの濃度が上昇すると感覚を鈍くなるので、ED以外にも射精遅延(遅漏)や射精障害を起こすようになるとも言われています。

抗うつ薬の中でEDの副作用が少ないと言われているのは「ミルタザピン(NaSSA)」になるので、もし上記で紹介した薬を服用しているのであれば切り替えを検討してみても良いかも知れませんね。

その他の向精神薬や精神安定剤

向精神薬や精神安定剤の中には「高プロラクチン血症」を起こしやすい薬があります。
特にドパミンD2受容体を遮断する作用をもつ薬は、EDを起こす可能性が高いです。

最後に

シアリス
うつ病患者さんがシアリスなどのED治療薬によって、性的な機能を回復することで、うつ状態にも良い影響を及ぼすと言われています。

抗うつ剤との併用は問題ないので、シアリスで自信をつけてみてはいかがでしょうか。
TOPに戻る