EDとは

ED EDとはなんでしょうか?ペニスが勃起しなくなるという症状があります。
これをEDといい、正式名称は勃起不全といいます。
勃起不全が起きるパターンはいくつかあるようで、一つは思春期のまだペニスが成長しきっていない若者が起こる点で、もう一つは中年を超えた年代層で起こり得るようです。
しかし、もう一つの事象としては生活習慣の悪化も原因です。
どのような状況に起こるかといいますと、まず仕事の中でのストレスが一つで、日々悩み続けることが原因で、ペニスまで栄養がいきわたらなくなり、それによって勃起力が落ちるというわけです。
次に運動不足や、連日のお酒の飲みすぎ、たばこの吸いすぎも要因といえます。
そして、糖尿病や高血圧などもこうした勃起不全のリスクを高めるのです。
それではEDは、どうやって解消すればいいのでしょうか?前述のとおり、EDの原因は大きく分けて器質性と心因性の2つです。
心因性の場合は、心に不安を抱えていて、血液をペニスに送りにくくなっているわけですから、カウンセリングを行っていきましょう。
ストレスやトラウマの原因を専門家と、カウンセリングを行って原因を見つけ心理的にケアをしましょう。
心が落ち着けば体調も安定して、EDも解消の方向へ向かうという算段です。
器質性の問題を見てみますと、原因を治療することが大切になります。
外科的に手術をして、血流を正常にするというのも一つの手段です。
そして、栄養が行き渡っていないならば、これも専門のお医者さんと相談しましょう。
まずは自分の普段の生活をライティングして、喫煙の量やお酒の量や、食生活を見極めて、問題がある点を直していきましょう。
実際にBMIが30を超えていますと、男性ホルモンが低下しだし、40以上ではさらに顕著になります。
ホルモンが低下すれば男性機能を落としてしまうわけですから、肥満を解決することが治療の一つになるということなんです。
つまりEDとは、ペニスに栄養がいきわたらなくなることが原因で起こる症状です。
若い時に起こることがあるのは、まだ体が発達しきっていないことが要因です。
年を取ってから起こる原因は、生活習慣の問題や、老齢による栄養不足や能力の低下が要因と考えるのが自然といえます。
若い方は気にせずにしっかりと運動や食事を摂ることが重要で、年を取られた方は、規則正しい生活と、適切なカウンセリングをすることによって、克服するのがいいでしょう。
TOPに戻る