ED(勃起不全)は陥る人が多く、成人男性の3人に1人は罹っています。原因も様々なEDの治し方、対策をご紹介します。

ED(勃起不全)とは

悩み EDとは、「Erectile Dysfunction」の頭文字を取った言葉で、Erectileは「勃起性の」Dysfunctionは「機能障害」を意味します。
名前の通り「勃起機能の低下」を意味し、日本語では「勃起不全」「勃起障害」と言われています。

実は多くの男性がなる可能性が高い症状ですが、性的、また男性のプライドに大きく関わるデリケートな問題ですので「誰に相談していいか分からない」「治療しないでも治るのではないか」といった理由で対処を先送りにしている人も少なくありません。

ED(勃起不全)は勃起がまったく起こらない重度の症状にかぎらず、硬さが不十分だったり勃起状態が維持できない、また挿入してすぐに射精してしまう、などの状態全てを指します。
「ときどき勃たなくなる。弱くなる」という場合も含めて、勃起に満足を得られない場合もEDの対象になります。

またED(勃起不全)は50代以降の男性に多いと思われていますが、20代から70代まで幅広い男性がなりやすいといわれています。
特に30代以降の男性のEDになるリスクはグッと高まりますので、自分の状態に不安がよぎった場合は、ED治療薬を飲むのも早期改善につながります。
今は三大ED治療薬のバイアグラやレビトラ、シアリスなども通販で購入できますので、自分に合った薬で誰にも知られない内にEDを治せます。

シアリスを通販で購入する>>>

ED(勃起不全)の症状

症状 勃起不全や勃起障害と聞くと完全に勃起しない状態だけをED(勃起不全)と言うように思われがちですが、EDに分類される症状はそれだけに限りません。

  • ・ 勃起するまでに時間がかかる
  • ・ 硬さが十分ではない
  • ・ 挿入しても維持できず射精してしまう
  • ・ 性欲はあるのに興奮しても勃起しない
  • ・ 勃起しても長続きしない
  • ・ いつも駄目な訳ではない

いわゆる「早漏」や「中折れ」も含めて、これらの状態もEDという認識になります。
ポイントは「満足な性交」がおこなえているかどうかです。

1998年、勃起不全に関する調査がおこなわれた結果、中等度EDと重度EDの合計人数は約1130万人という数字がでました。
中等度EDは「たまに勃起するし性交中は勃起を保てる」状態で、重度EDは「まったく勃起しなくなり性行為ができない」状態を言います。

この統計で言うと、日本人男性の40代の5人に1人、50代では2.5人に1人、60代では1.7人に1人がEDということになります。
ただED(勃起不全)による支障が出ていても「仕事で疲れているから」「ストレスが溜まっているから」と考えて自分がEDだと気付かない人も多いと言われていますので、そうなると現実にはもっと多くの男性がEDになっていると考えられます。

ED(勃起不全)は、ほとんどの人にとって自分では認めづらく自信をゆるがすデリケートな悩みにあたります。
上手くできないことがあっても「たまたまできなかっただけ」と軽く考えてしまいがちですが、そのまま放置しておくと症状はエスカレートして簡単に改善できなくなってしまうこともあります。
そうしないために、上記に該当する部分が一つでもあったら早めに対処する必要があります。

またEDは血管障害や生活習慣病の予兆、もしくは既に併発している可能性がありますので、それらをサインになる可能性もあることを覚えておきましょう。

ED(勃起不全)の原因

原因 ED(勃起不全)になる原因は大きく分けて4つに分けられます。

ストレスやトラウマによる心理的・精神的なものが原因になる心因性EDや、血管や神経に起こる問題が原因になる器質性ED、薬剤などの効果・副作用が原因になる薬剤性EDといった3つが主だった原因になり、その他に事故や病気が原因になるケースもあります。

勃たなくなる原因がいくつか重なっていることも少なくありませんので、一つの対処法で治らない場合は心因性と器質性、器質性と薬剤性、といったように原因が混合していることも考えられます。
EDで悩んでいる人は、早く治すためにも原因をしっかり把握して対処することが大切です。

心因性ED

悩み ストレスやトラウマが原因でEDになるケースは少なくありません。

主に仕事や家庭での日常のストレスが蓄積されたり、経験不足による緊張や過去のトラウマ、身体的なコンプレックスなども原因になります。
身体的な問題が無い20~30代の若い男性に比較的多くみられるのが心因性EDです。

初めて性行為に及ぶとき緊張して失敗してしまった、という人も多いですが、そのときの経験や相手から心無い一言を言われてしまってから「また勃たなかったらどうしよう」と不安や緊張でさらにEDを悪化させてしまうこともあります。

原因が分かっている時はカウンセリングを受けることで改善できることもありますが、過去のトラウマが原因の時は、なかなか治療が難しくなる場合もあります。
そんな時は、無理にトラウマに触れずシアリスやシアリスジェネリックなどのED治療薬で改善するのも一つの手でしょう。

心因性EDの場合、1度勃起できればそのことが自信になって、それまでの悩みが嘘のように改善することもあります。

器質性ED

体 加齢や生活習慣の悪化、血管・神経系の疾患によって血流や神経に物理的な問題が起こる事が原因になるのが器質性EDです。

ここ数年の研究で、血管が不健康になることがEDになる原因の大きな一つであると分かってきました。
ED(勃起不全)は陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、PDE5という勃起を鎮める酵素ばかり働いてしまうため起こりますので、動脈硬化になって血管が十分に広がらなくなり血液の循環が悪くなると、EDのリスクが格段に跳ね上がるのです。

50代からこの器質性EDにかかる人が多くなります。若い頃より勃ちが悪くなった、というケースもこれに該当します。

このEDは、運動不足や不摂生、酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎ、睡眠時間が少ないなど生活習慣の乱れや、それによって引き起こされた病気からなることが多くなります。
原因がいくつも重なっていることがほとんどですので、普段から生活習慣を正していくことで予防・改善できます。
また、動脈硬化が根本にある高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病といった生活習慣病やメタボリックシンドロームと合併していることが多いため、病気の治療がすすむと自然とEDも改善されることもあります。

これらの病気にかかっていない人は、生活習慣を見直しながらシアリスやバイアグラ、レビトラなどED治療薬を飲むことでEDの悩みを解消できます。
特にシアリスは早漏改善やアンチエイジング効果がED(勃起不全)改善の他にもありますので、生活習慣の改善にも役立つでしょう。

シアリスを通販で購入する>>>

薬剤性ED

薬 中枢神経や循環器・消化管に作用する薬など、薬の副作用がEDの原因になることもあります。
解熱・鎮痛剤、抗うつ薬、血管拡張剤などが特に多く、治療薬を飲み始めた途端EDになった人は、薬剤性EDを疑いましょう。

先天船の持病の治療のため錠要約を服用している場合も、EDになりやすくなることがあるようです。

薬剤性EDの原因になる薬は3種類に分類することができます。

  • 1:性欲を低下させる薬
  • 2:勃起障害を引き起こす薬
  • 3:射精障害を引き起こす薬

いずれも中枢神経や交感神経に作用、阻害して勃起できない原因を作り出します。

薬剤性EDは心因性ED・器質性EDと違い、原因となっている薬の服用をやめただけで症状が改善されることがほとんどです。
ですが回復の度合いに個人差があり症状の改善に時間がかかることがあるのと、EDの原因が心因性、器質性のいくつかと合わさっている場合は服用を止めただけでは改善しません。
異常を感じたら、かかりつけの医師に相談して早期改善するのが良いです。

その他の原因でなるED

手術や事故によるEDもあります。
前立腺がんや膀胱がんの手術が原因になったり、交通事故によって骨盤骨折や脊髄を損傷してしまうことでEDに陥る原因にもなります。

また、器質性EDとは別に過度の飲酒や喫煙がEDの原因になることもあります。
適量な飲酒はリラックス効果をもたらしますのでED改善に役立つことがありますが、過度のアルコール摂取することで血中のエタノール濃度が高まると中枢神経が抑制されてしまいます。
その結果、性的興奮が男性器にうまく伝達されなくなってしまいますので、勃たなかったり中折れしてしまうことになるのです。

ED(勃起不全)の治し方

治し方 ED(勃起不全)を治す方法は、大きく分けて2つあります。

ED治療薬を使ってEDを治す

1つは病院やクリニックなどでED治療を受ける方法、もう1つは通販でED治療薬を購入して自分で治す方法です。

病院やクリニックに行くメリットは、専門家の判断を仰げる点です。
特に、今現在なんらかの薬を服用していたり病気を治療中だったりする人は、個人の判断で別の薬を併用すると危険ですので医師に相談する必要があります。副作用が弱く自然に効くシアリスでさえ服用方法や注意点がありますので、ご注意ください。

ただ病院やクリニックだと、自分の症状を細かく説明しなくてはいけないため、行くことを躊躇う人も少なくありません。
加えて診察代や処方箋料が薬代の他にかかってしまいます。その上、ED治療は自由診療扱いで治療代は患者の全額負担になってしまいますので、経済的な負担がとても大きくなります。

医師や専門家の判断が必要な人やお金に余裕のある人なら病院での処方が一番安心できますが、ED治療や1度で終わりませんので金銭的な負担がないに越したことはありません。

その場合は、海外医薬品通販でED治療薬を買うことをオススメします。

国内より薬代が安く、Amazonや楽天と同じく気軽に買えるメリットが個人輸入代行サイトの良い点です。
しかも梱包も厳重誰にも知られず買うことができるので、パートナーに黙ったままEDを治すことも可能です。
バイアグラやレビトラ、シアリスなど三大ED治療薬を比較して使うのも良いですし、安くて身体に負担の少ないシアリスジェネリックなどから試してみるのも良いでしょう。

シアリスを通販で購入する>>>

生活習慣を見直してED改善

ED治療薬を飲む他に、生活習慣を見直すことも有効です。
動物性脂肪が多い食事を控えたり、お酒や喫煙も可能な限り控えた方が良いでしょう。また軽い運動を習慣づけて肥満を防止することも、器質性EDの原因が解消されます。

血管の機能低下がEDの大きな原因にもなりますので、十分な睡眠・バランスの良い食事・適度な運動でEDはかなり良くなります。

ED(勃起不全)にならないための対策

対策 ED(勃起不全)は1度なってしまうと根本的な改善が難しくなってしまう場合もあります。
治った人でも、そのあと再度EDにならないとは限りません。

そうなる前にあらかじめ対策をとることで、EDになりにくい身体と精神を持つことが可能になります。

EDは生活習慣の悪化や慢性的な体調不良、血管機能の低下によってなることが多いため、生活習慣を見直すことで予防することが可能です。
若いうちから生活習慣を見直していけば、年を取ってからEDになりにくい体をつくることができます。

食事の改善をしてED(勃起不全)対策

バランスの取れた食事 食事のバランスと内容を整えることは、健康的な体を作るために重要です。
血液をサラサラにして血管のダメージを抑えることでEDの予防になりますので、血液に良いと言われている食品を意識的にとりましょう。

青魚などの魚類、野菜(タマネギ、ネギ、ニンニクなど)、海藻類、納豆、豆腐などは血液の流れを良くする働きを持ちます。
逆に脂っこい食べ物や消化に悪い食べ物は血液の流れを悪くしてしまいます。
揚げ物やファーストフード、塩や砂糖の多いジャンクフード類が好きな人は、食べ過ぎないように気をつけてください。

適度な運動をしてED(勃起不全)対策

運動 運動不足は血行不良の原因となり、様々な病気の原因にもなります。
血行不良を起こすと男性器に勃起に必要な血液量が送られなくなるため、EDの原因になりやすくなります。

それを防ぐために、日ごろから適度な運動をおこなうことが大切です。
1日10分歩くだけでも効果は十分にありますので、帰りは1駅分歩いたり家の周りを散歩したりなど無理のない運動をするのがオススメです。

十分な睡眠をとってED(勃起不全)対策

睡眠 睡眠もED(勃起不全)に大きく関わってきます。

男性が若々しくいるために必要なテストステロンというホルモンは、睡眠中に分泌されます。
EDになっていない状態の男性はこのテストステロンの分泌が正常におこなわれ勃起も問題なくできますが、睡眠不足でテストステロンが減ることで自然と勃起不全になってしまいます。

テストステロンを多く分泌させるため、できるだけ多くの睡眠を取るようにしましょう。
時間帯も重要で、夜中の10時から深夜2時までの間に就寝するとテストステロンは一番多く分泌されます。できるならこの時間帯に寝て十分な時間、体も脳も休ませるのが一番です。

ストレス発散してED(勃起不全)対策

ストレス発散 ストレスは体にも精神にも大きな負担になります。心因性EDになることも多いですし、精子はストレスに弱いと言われています。

ですので、ストレス発散して気持ちを楽に保つことがEDの予防につながります。
ストレスの原因をなるべく排除して、排除できない場合は真っ向から受け止めずイライラや疲れを発散できることをしましょう。

読書や映画鑑賞、ドライブなど趣味の時間をしっかり取って楽しんだり、体を動かす習慣をつけるだけでストレスはかなり軽減されます。

TOPに戻る