海外医薬品通販の流れ

海外通販 風邪などで体調が悪いときは、病院へ行って薬をもらいますよね。
でも世の中には、忙しくてなかなか病院へ行く時間のない人も多くいます。
また、わざわざ医師に相談し、診察してもらうのを恥ずかしく思う悩みを抱える人もいるでしょう。
そう、例えばEDの治療薬や避妊薬であるピルが欲しい場合です。
やはり男性にとって、EDはぜひ治療したい病の一つでしょう。
自分にとってもパートナーにとっても、充実した毎日を送るために必要なことです。
しかし、こういったデリケートな内容は、たとえ医師であってもなかなか相談しづらいものですよね。
どうしても恥ずかしさが先に立ってしまいますし、こんなことで病院へ行くなんて…と遠慮してしまう人も多いでしょう。
女性にとっても同じです。
ピルは避妊薬として絶大な効果があり、妊娠を望まない女性にとっては救世主とも呼べる存在ですが、婦人科へ受診しないと薬を手に入れられません。
婦人科を受診したことのある人ならわかるでしょうが、診察は非常に恥ずかしさを覚えるものです。
特に男性の医師が相手だと、膣の診察など躊躇するものです。
こういった場合に役立つのが、医薬品を海外から通販で購入する方法です。
医薬品の個人輸入とも呼ばれ、誰にも知られることなく、上記の薬などを手に入れることができるのです。

個人輸入と聞くと難しいイメージを持つかもしれませんが、決してそんなことはありません。
普通の通販と同じように、インターネットの海外医薬品通販サイトから簡単に購入できるのです。
一般的な流れは、まず注文者がサイトより商品を注文します。
その後代金をクレジットカードや振り込みなどで支払い、運営会社が海外の業者へ商品を発注します。
国際通常書留郵便で商品が現地から発送されると、荷物追跡が可能になります。

商品が日本に到着すると、税関で自動的に審査を受けます。
この際、注文者は何もすることはありません。
審査が通れば、郵便局から手元に荷物が届きます。
このように、個人輸入と言っても、やることや流れは日本国内の一般的な通販と大きな違いはありません。

ただ、商品が手元に届くまで10日前後かかってしまいます。
また、海外との取引ですので、代引き決済は不可能です。
さらに個人使用目的として輸入が認められているので、転売は法律によって禁止されています。
こういった点に注意さえすれば、海外通販は非常に手軽で、しかも誰かに知られることもない便利なシステムだと言えます。

海外医薬品の配送

海外医薬品の配送 日本の製品ではなく海外医薬品となると、購入の際に不安な点が出てくると思いますが、安心して購入できます。
正規品を100%取り扱っていて、配送にも気を遣っているサイトが多数あるからです。
中にはそのサイトの会社の中に薬剤師がいて、しっかりと成分を調べてくれている会社もあります。
仕入れ先も安心な場所から取り寄せているのですが、さらに安全な成分かどうかを調べてくれているのです。
本当に安全とわかった海外医薬品のみを、購入者の元へと届けてくれます。
世界から承認が下りているような医薬品ばかりが送られてきますので、服用する時にも安心して飲むことができます。
他にも配送の際に気を遣ってくれているポイントがあります。
中身がすぐに特定できるような箱ではなく、何が入っているのかわからないような箱に入れて配送を行ってくれるのです。
購入先の会社の名前が大きく載ったようなダンボールに、あまり知られたくないような海外医薬品の名前を載せての配送は行われません。
そして、いつごろ届くのかもしっかりと教えてくれて、いつ届くのかがわかる会社も多いです。
購入の際にもすぐにわかる場合もありますし、海外から日本に到着をしたときなどにメールで連絡をくれる親切な会社もあります。
納期がわかっていると、その納期に合わせて行動をすることができますし、商品が届かないのでは?という不安に駆られることもありません。
日本ではなく海外ということもあり、配送が完了するまでに見えない部分が多いからこそ、そういった面が充実していると安心して注文ができます。
納期を明確にしてくれるだけでなく、追跡番号も確認できるサイトがあります。
配送業者を頼むと荷物の追跡番号というものがあり、その番号で商品が今どこまで来ているかを調べることができます。
この追跡番号をメールなどで教えてくれるので、利用者はインターネットにアクセスして家にいながら今荷物がどこまで来ているか調べることができるのです。
海外医薬品が届くまでの間も、どこに商品が来ているのかを把握しながら待つことが可能です。
商品名を堂々と表記して送られることはなく、大抵は無記入や他の当り障りない商品名が書かれることが多いです。
ですからどんな海外医薬品を購入したということが、家族の方はもちろん宅配業者にもわからないようにプライバシーも守って配送してくれます。
家に届けてほしくない場合には、宅配業者の営業所止めや、郵便局止めなども選べます。
TOPに戻る