• ジェネリック医薬品
  • シアリス
  • タダライズ
  • タダポックス

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことです。
有効性と安全性が実証されている新薬と同等の有用成分を用いて製剤する薬のことで、新薬を先発医薬品とすることで、ジェネリック品は後発医薬品と呼ばれています。
通常、薬というのは市場に出回るまでに数年の歳月を必要とします。
新薬となり得る成分の基礎研究、非臨床試験、治験、厚生労働省からの認可などを得て初めて世に出せるため、一つの薬を作り上げるのに10年~15年、費用は数十億円~数百億円かかるとされています。
この膨大な研究費用を回収するためには新薬を販売して利益を生み出さなくてはなりません。
そこで新薬に対して特許を設けます。
特許には「成分特許」と「製造特許」があり、文字通り、成分特許は有用成分に対する特許、製造特許は製造過程に対する特許です。
この特許があるうちは当該医薬品を独占することが可能です。
特許期間は特許を出願してから20年ですが、特許を出願する時期は治験前ですので、結果として実際に独占販売できる期間は5年~10年程度となってしまうでしょう。
そこで利益回収の補償として、条件に応じて特許期間の延長が認められるので20年から最長で25年の特許期間が与えられます。

ジェネリック医薬品 そして、この特許が切れたときに他の製薬会社が、その有用成分と製造法を利用して、新薬と同等の効果を持つ薬の製造を行うことができるのです。
ここで誕生するのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品のメリットとしては、先発医薬品に比べて価格が安いという点です。
というのも基礎研究の必要がないため開発期間もかなり短く、平均して3年となっているので開発費用が掛かりません。
そのため価格は先発医薬品の2割~7割とされており、平均すると半値程度で入手することができます。
これで先発医薬品の価格では手が届かなかったという家庭でも経済的な負担なく利用することが可能となりました。
つまり、ジェネリック医薬品の目的とは、経済的余裕がない家庭でも安全で質の高い薬を安く提供するということにあるということですね。
気になるのは効果ですが、特許期間の独占販売中に効果、副効果、副作用なども確認できているため、先発医薬品同様に安全性も高く、品質に違いはありません。
また、医療機関で処方される医薬品の中にもジェネリック医薬品がありますし、症状によっては医師にジェネリック品の利用を申し出ることで処方してもらうことができます。
すべてシアリスと同じ効果のお薬
この中の医薬品は全てシアリスと同じ主成分・効果です。
同じ効果で安価に購入できるジェネリック薬が断然お得です。

国内処方

シアリス

シアリス

1錠 2160円

海外通販

シアリス

シアリス

1錠 1612円

→

ジェネリック薬

タダライズ

タダライズ

1錠 252円

ジェネリック薬

タダシップ

タダシップ

1錠 393円

ジェネリック薬

メガリス

メガリス

1錠 384円

ジェネリック薬

タダリスSX

タダリスSX

1錠 450円

ジェネリック薬

アプカリスSXゼリー

アプカリスSXゼリー

1袋 327円

ジェネリック薬

スーパータダライズ

スーパータダライズ

1錠 190円

※スーパータダライズのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとシアリス通販サイトに移動します。
TOPに戻る