ED治療薬とは

E治療薬とは 気がつくと勃起不全に陥ってしまっていた、そんな人をEDと呼ぶのですが、EDになる原因は心因性のものと器質性のものの2種類が考えられます。
器質性EDとは、性的刺激を受けてから勃起が起こるまでの身体的に問題があり場合に起こるED症状です。
この場合の多くは、年齢を重ねた中年以降の男性に多く見られます。
それは生活習慣病の、糖尿病による血管障害や高血圧などから来る動脈硬化など、もしくは外傷による勃起神経の損傷などが挙げられます。
現在はEDになってしまっても、諦めると言う時代ではなくなりました。
とても良い治療薬が開発されたことで、多くの男性が夜の悩みから解消されるようになったのです。
そこで活躍するのが、ED治療薬です。

現在発売されているED治療薬の服用で、80%以上が回復すると言われていますので、そのような傾向が見られる方は是非試して頂きたいものです。
大きな副作用もなく、健康被害もありませんので、安心して服用出来ると言う強みあります。
このED治療薬は、陰茎周辺の血管群に血管拡張をもたらし、陰茎海綿体への血液流入を良くする働きがあります。
このことで勃起を十分に助けることになり、性生活にも問題がなくなります。
そのED治療薬には、誰もが知っているバイアグラが有名です。
バイアグラが発売されたのが、1998年で20世紀も末に近い時です。
それまでは勃起不全に陥ってしまった時には、海綿体への注射などが主な治療法だったのですが、薬を飲むだけで効果が出ると言うのですから、悩んでいた多くの男性は飛びついたものでした。
またバイアグラを進歩させたもので、レビトラとかシアリスと言ったED治療薬も発売されるようになりました。
それぞれに効果が違い、男性の判断で服用出来ることが出来、長い時間を楽しむような時にはシアリスが服用されます。
そんな先発医薬品と言われるバイアグラやレビトラも、特許期間が切れたことで、後発医薬品が発売されるまでになりました。
ジェネリックと呼ばれる後発医薬品も効果は同様にあることで、安価なことから人気の商品になっています。
それはED薬と言われるバイアグラやレビトラ、シアリスの効果が継承出来ているからこそ発売された訳ですから、安心して服用出来る治療薬です。
このED薬の服用には、個人輸入代行から購入も出来る時代になりましたが、一度は病院へ行き、診察を受けることをお薦めします。
特に高血圧や糖尿病などの持病のある方は、危険なこと有り得ますので病院へ足を運ぶようにして下さい。
TOPに戻る