シアリス個人輸入は数量に限りがある

持続時間が長い 他のED治療薬に比べると効果の持続時間が長いという所から、シアリスは人気があります。
その時間はなんと36時間、1日半も持つのです。
また、一度体にその成分が吸収されればあとは食事などに対して気を遣う必要も全くありません。
従って、ED治療薬を飲むからさっぱりとした食事にしなければいけないとか、空腹になるタイミングを見計らって飲まなくても大丈夫です。
そんなシアリスを、現在多くの人が利用しているのが個人輸入です。
病院に行って処方してもらう事も可能ですが、なかなか泌尿器科やメンズクリニックは敷居が高く感じられる人も少なくありません。
そういった人でも手軽にそれを手に入れる事が出来る方法が個人輸入です。
これは、海外では手軽に手に入れる事が出来る薬を買う方法で、自己使用の場合にのみ利用が認められている合法的な物となっています。

輸入量制限 ただ、いくら合法とはいえ、欲しいだけ手に入れられるわけではありません。
薬品に関しては薬事法というので細かく定められています。
それをまずは守る必要があります。
シアリスなど医薬品を個人輸入する時は、1か月未満の量しか買うことができません。
また、薬というのは一錠単位で個人輸入する事は出来ません。
病院では1錠でも処方は可能です。
従って、1か月未満とは言っても、結局買うことができる量と言うのは限られています。
それではもったいないと言って余分に買っても、結局税関でチェックが入り、余分な量に関しては没収となってしまうので注意しましょう。
従って、シアリスを個人輸入する時は、まずは1か月に買うことができる量と言うのをしっかりと調べる様にしましょう。
そして、その量の範囲内で買うようにします。
そうすれば、折角買ったのに多く買い過ぎたために没収となってしまう事は防げるでしょう。
現在はかなり便利な社会になっていて、海外では一般的に流通しているシアリスを処方箋なしの状態でも手に入れる事が出来ます。
ただ一度に買える数量には限りがあるので、まとめ買いをし過ぎるのではなく、適度な量をその都度買うようにするのが重要です。
TOPに戻る