シアリスの偽物の見分け方を紹介します。50mgや100mgのシアリスは存在せず、人体に有害で死亡例もあるほど危険です。

シアリスの本物と偽物の見分け方

シアリス

シアリスは世界シェアNo.1を獲得したこともある人気の高いED治療薬です。
バイアグラやレビトラといった他の三大ED治療薬と比較しても、持続効果24~36時間・飲食しても大丈夫・副作用が弱く体に負担が少ない、などの特徴で、多くの人のEDを治してきました。

ところがここ数年、イーライリリー社から製造販売される本物のシアリスに紛れて、見た目だけ似せた有害な偽物が数多く出回っています。
本物のシアリスと偽物の見分け方は、簡単にまとめると以下の通りです。

シアリスの通販はとても便利ですので、偽物に騙されないために見分け方のポイントを知ることが大切です。

本物のシアリスは2.5mg、5mg、10mg、20mgだけ

本物のシアリスには20mgより多い成分を含むタイプは存在しません。

シアリスは国内では5mg、10mg、20mgの3種類、海外では2.5mgを加えた4種類が流通しています。通常の病院やクリニックで処方されるシアリスも、5、10、20mg以外のタイプが処方されることはありません。
シアリスの製造メーカーであるイーライリリー社では、シアリスの有効成分タダラフィルの配合量が20mgを超えることはない、と発表していますので、50mgや100mgと謳うシアリスは絶対に偽物です。

そもそも主成分のタダラフィルは、シアリスに限らず1日20mg以上摂取してはいけません。偽物の中に、本当にタダラフィルが50mgや100mg含まれていたとしても、より強い効果が得られることはありませんし逆効果になります。
それどころか、成分の中にタダラフィル自体入っておらず、人体にとって毒でしかない成分が入っている可能性のほうが高いのです。

シアリスの錠剤の刻印はC20までしかない

シアリス錠剤 シアリスの正規品には、20mgなら「C20」、10mgなら「C10」、5mgなら「C5」というように、それぞれの成分量に対応する数字が錠剤に刻印されています。

シアリスに20mg以上は存在しませんので、「C50」「C100」と彫られたシアリスは偽物です。

その他に、数字はあっていても「C」が刻印されていなかったり、ざらざらしてコーディングされていない錠剤も偽物です。
本物のシアリスは表面がツルツルしてキレイな雫型をしています。

サイトを見た時点で気付ければいいですが、もし届いてから偽物に気付いた場合、絶対に服用しないでください。

本物のシアリスの販売価格は1錠1,500円前後

「シアリス3錠1,500円」という破格の値段で売られている場合がありますが、これも偽物の可能性が非常に高いです。

本来のシアリスの値段は1錠1,500円程度です。
医薬品を扱う個人輸入代行サイトによって値段は前後しますし、まとめ買いで多少安くなることもありますが、そこまで値段に大きな違いが出ることはありません。

極端な安さの裏には、本来のED改善に役立つタダラフィルが入っておらず、反対に健康被害をもたらす有毒成分が入っている可能性があります。
節約のつもりで安いシアリスを買ったら偽物だった、というのは避けたいですよね。

シアリス錠剤がPTPシートで包装されている

シアリス シアリスだけではなく、シアリスジェネリックやバイアグラ、レビトラなどはPTPシートという包装がされています。
ビニール袋に包まれているシアリスはありませんので、ご注意ください。

これは、タダシップメガリスタダライズタダリフトタダポックスシルダリストなどのシアリスジェネリックでも同じです。

薬の包装の他には、薬自体が入っているパッケージで偽物か判別できることもあります。
まずボトルタイプのシアリスは出ていません。
紙のパッケージで、場合によってはおなじデザインの偽物も出回ってる可能性がありますが、偽物の場合ほとんどカラーリングが違ったりチープな印刷だったりします。

ただ近年では、表面的には本物のシアリスにしか見えない精巧な偽物もあらわれてきました。
もし本物にしか思えないシアリスを飲んで異常な反応を起こしたら、すぐに病院に行ってくださいね。

シアリスの偽物に騙されないようにするために

パトロール中の警官 ED治療薬は新薬・ジェネリック共に日本国内のドラッグストアや普通の通販サイトで買えませんので、危険な偽物が出回りやすいものです。
多くの人がシアリスの購入を通販でおこないますので、サイトの写真は本物でも届いたものが偽物だった、というケースもあります。
直接商品が見れないのは通販のデメリットですが、普通の病院やクリニックでも偽物のシアリスを処方してしまうところもありました。

偽物をつかまされないためには、本物を見分ける特徴と信頼できる個人輸入代行サイトの見つけ方を知るのが一番の近道です。

シアリスを通販で購入する>>>

死亡例もある偽物のシアリスの危険性

注意 シアリスの偽物の多くは、中国・韓国・タイなどアジア諸国で製造されています。
詐欺目的での製造ですので、安全面に気を配って衛生的な設備ときちんとした成分で作られた薬と異なり、そのほとんどが不衛生で劣悪な環境、有害な成分で製造されています。
今まで見つかった偽シアリスの中には、殺虫剤の成分が含まれていたこともありました。

不衛生な環境 そんな不衛生な環境、有毒成分で作られた偽物が、人体に何も影響しないわけがありません。

本物のシアリスを飲んだ時に得られるED改善効果があるわけもなく、救急車で搬送されたり最悪のケースだと死亡した人もいるくらい危険なものです。
いまや世界中の人が利用しているED治療薬シアリスの個人輸入を悪用する詐欺グループは許しがたいですね。

100mgのシアリスは危険な偽物

危険 シアリスの100mgや50mgは確実に偽物です。

シアリスは2.5mg(※海外のみ)、5mg、10mg、20mg錠しか製造販売されていません。これは病院やクリニックでの処方はもとよりマトモな個人輸入代行サイトでも変わりません。

ところが50mgと100mgのシアリスを売っているところも存在します。
これは悪徳業者や詐欺グループなどが、成分も製造方法もメチャクチャな錠剤を「50mg・100mgのシアリス」といって流通させているのです。
偽物の流通率は非常に高く、特にネット通販では実際の商品を手にとって確認できないため偽物をつかまされてしまった、ということも少なくありません。

この偽物のシアリス100mg・50mg、届いて服用する前に気付けばまだ良いのですが、気付かず飲んでしまい大変なことになった例もあるのです。

2010年には呼吸困難によって病院に搬送された後、間質性肺炎により死亡した男性がいます。搬送時に男性の衣服を調べたところ、シアリス50mgがポケットから見つかったことや、男性がそれまでそういった症状を起こしたことがなかったことから偽物のシアリスが原因と考えられています。
2016年には、シアリス50mgを使用した男性が痙攣と意識障害を引き起こした後に救急搬送される事案がありました。幸いなことに命は取り留めましたが、治療の過程で一時的に脳の血管が詰まる脳血栓を起こしていたことが判明しています。

見た目だけシアリスに似せて人体に無害な成分でできているなら効果が無くお金だけ取られた、だけで済みますが、偽物のシアリスの怖いところは飲んだら体に悪影響があり最悪の場合死に至る、ということです。

錠剤に含まれる成分が毒性の強い物である可能性も高く、さらに偽物は非常に不衛生で悪辣な環境で作られています。
中身だけではなく表面の色付けも、人体に有害なペンキや殺虫剤が塗られていることもあるそうです。正規品の色を似せるために、プリンターのインクを混ぜたという例も報告されました。

偽物のシアリスの場合99%ありえない事ですが、仮にシアリスの主成分タダラフィルが本当に100mgないしは50mg含まれていたとしても、成人男性が1日に摂取できるタダラフィルの量は20mgまでです。
基準を超える成分を摂取しても効果が倍増するどころか逆効果にしかならず、悪影響にしかありません。体調によっては過剰摂取で死亡する可能性もありますので、どちらにしても100mg・50mgの偽物のシアリスは絶対に買わないようにしましょう。

基本的に偽物を売る業者は、お金をいかに儲けるかということしか考えていませんので、偽物を飲んだ人がどうなろうが一切頭に無いので注意が必要です。

偽物のシアリスには覚せい剤が含まれていることもある

覚せい剤 今まで報告された偽物のシアリス錠に含まれている有害物質はさまざまですが、中には覚せい剤の成分に似た構造を持つ物質が含まれていた例もあります。


  • ・エフェドリンやメチルアンフェタミンなど覚せい剤の元になる物質
  • ・タダラフィルに似た性質や構造を持つ別の物質
  • ・詳細が明らかにされていない効果の不明な物質
  • ・人体に有害とされている毒性の強い物質

これらの物質が、シアリスの偽物に限らず他のED治療薬の偽者に含まれていたことが確認されています。当然、正規品のシアリスやシアリスジェネリックなどED治療薬には含まれていない物質ばかりです。

特に問題なのが覚せい剤の元になる物質です。
知らずに使用してしまうと依存性と心身ともに蝕まれていき日常生活が送れなくなる危険性もありますが、服用していなくても含まれている成分量によっては所持しているだけで逮捕される可能性があります。
もし購入した偽者のシアリス100mgなどに覚せい剤の原料になる「エフェドリン」が10%以上配合されていた時は、騙されて買ってしまったとしても取り締まりの対象となってしまいます。

騙されてお金を取られる、体に害があり命の危険もある、といった被害の他にこういった危険もありますので、シアリスなどED治療薬の購入は信頼できるサイトでおこなって下さいね。

失敗しない個人輸入代行サイトの選び方を詳しく見る>>>

偽物のシアリスの流通率は5割

パトロール中の警官 偽物のシアリスを服用した人が次々健康被害を訴え、また最悪のパターンで死亡した人が出て、多くの人に衝撃を与えました。
粗悪品の実態を明らかにするために各製薬会社がインターネット上で流通しているED治療薬の割合を調査したところ、驚くことに約5割が偽物という結果になったのです。
中には病院関係者まで騙されて、病院やクリニックでの処方なのに偽物のシアリスを服用することになってしまった、という事例もありました。

それほど、利用者のごく身近なところでシアリス50、100mgのような有毒な粗悪品が出回っているのです。

偽物に騙され被害を受けないようにするためには、本物か偽物かを見分けるポイントを知ることが大切です。

シアリスの本物と偽物の見分け方を詳しく見る>>> シアリスを通販で購入する>>>

TOPに戻る