健康だけど勃起力が低下してきている

男性の言い訳に聞く耳を持たない女性
からだは健康そのもの。
だけど最近、勃起力が低下した・・・。
そんな人は、心因性EDを疑った方が良いかも知れません。

心因性EDは、心理・精神的なことから発症するEDです。

どんなことが原因になるのか

うつ病や統合失調症といった精神疾患や、些細なストレスが原因となることも。

また、夫婦関係や幼少期に経験したトラウマが影響します。
誰にでも起こる可能性があるのが特徴で、人が心理・精神的に負担と感じることは様々あります。

つまり、原因は人によって変わるというのも特徴となります。
また原因には、現実過去とに分けることができます。

現実性心因

ストレスに頭を抱える男性
これは、大きく言えばストレスや人間関係から起こります。
離婚や失恋、男性器に感じるコンプレックス、不安(経済的な問題など)、妊娠に対しての恐怖などなど、日常的に感じるストレスからなるEDが現実心因となります。

たとえに挙げたことから分かるように、必ずしも性的なことに結びつくとは限らないことが特徴です。

仕事での失敗や心配事が頭から離れないなども、脳が性的な興奮を覚えにくくします。

深層心因

足を抱えて落ち込む少年
これは簡単に言えば、過去に起因しています。
こころの深くに潜んでいる憎しみ、あるいは怒りなどがきっかけとなることも。

幼少期のトラウマ体験やエディプス・コンプレックス(近親相姦欲求)なども挙げられます。
またホモ・セクシュアルも深層心因に含まれています。

現実心因に比べとても問題も複雑で、本人も自覚していない無意識なこともあることから、専門医が根深い問題を掘り下げたり、心理介入など本格的な心理療法が必要となることもあります。

精神疾患が影響することも

精神疾患
代表的なものが、うつ病や躁うつ病、統合失調症などが挙げられます。

また薬物やアルコール依存症なども精神疾患の範囲にあると考えれています。

特に現代病とも言われるうつ病の患者数は年々増加の一途を辿っていて、心因性EDの大きな要因の1つとなってきています。

治療薬の影響も

治療薬の影響も
抗うつ薬や向精神薬などは、中枢神経に作用するものが多いです。

長期的な服用ともなれば、薬が勃起に影響することもあります。
こういったケースでは薬剤性EDに該当するので、薬の切り替えなどを検討する必要があります。

EDがうつ病のサインとなることも

EDがうつ病のサインとなる
うつの症状があっても本人が自覚していないケースも多いです。
なので、適切な治療が行えていないこともあります。

性欲が減退したり、EDの症状がうつのサインとして現れることもあります。

些細なことから精神疾患まで、さまざまなことが勃起に影響するので、もし健康なものの勃起力が失われはじめている人は心因性EDの可能性が高いはずです。
TOPに戻る